テレビから流れてきたニュース。

 

「世帯主が40代の働き盛り世帯で、年間の所得が300万円未満の割合が増加していることが、厚生労働省の調査で分かりました。」

 

私の世代の貧困率が1.5倍になったそうです。

 

働き盛り世帯の貧困化が進んでる一方で…

 

世帯主40代年収300万円未満の世帯の割合は、16.6%

 

わが家もその中に含まれてます。

 

30代、40代が世帯主の働き盛り世帯の貧困化が進む一方で、世帯主が65歳以上の高齢者世帯では、48.2%が200万円以上500万円未満の収入があり格差が減ってきたそうです。

 

定年してからも働き続ける人も増えているとはいえ、今は年金がちゃんと支払われていることも大きいですよね。

 

私の世代って何かとツイてない…

 

思い返してみると、私の世代って世の中とずれていて何かとツイてなかった気がします。

 

中学生のとき…女子高生ブーム(ex.おニャン子クラブ)

高校生のとき…女子大生ブーム(ex.オールナイトフジ)

女子大生のとき…バブル真っ盛りでOLさんが派手に遊んでいたイメージ(ex.ジュリアナ東京)

就職活動…前年までの超売り手市場から一気に氷河期へ突入

OL時代…女子高生ブーム(ex.コギャル)

 

流行に乗れずに終わってる感じです(汗)

トラコミュ 中年期(ミッドライフ)の悩みと解決法

 

子育て世代になって、やっとズレなくなってきた?

 

子どもが高校生になる前に”都立高校の授業料無償化”が始まり、私立高校に入学しても都立高校の授業料相当額が返還されるようになりました。

 

その後、私立高校の授業料も実質無料化となったんですが、始まったのは2017年度。こちらは恩恵に預かれたのは1年だけでしたが、大学進学に向けて大きなニュースが!

 

今までは、子どもを大学に行かせるにはすべて自力が基本でした。でも2018年度から「給付型奨学金」制度が始まるそうです。

 

経済的理由により進学が極めて困難な人が対象で、一定の学力要件を満たすことが条件で月額20,000円~40,000円給付されるとか。

 

2018年4月に新たに大学に入学する学生が対象のようなので、ドンピシャ!

 

対象になれるかどうかは分かりませんが、40代半ばにして、やっと流行や制度にうまく乗れた感じです♪

 

老後はどうなる?

 

テレビのニュースには続きがあって、

 

「今は社会保障が高齢者に手厚い仕組みになっているので、今後は現役世代の所得の向上を支援し、全世代型の社会保障へ転換していくべき」

 

と締めくくられていました。

 

えっ!

 

今の高齢者には手厚いかもしれませんが、私の世代が高齢者になるころには年金がもらえるかどうかさえ分からない状況ですよね?

 

なのに、薄い社会保障を乗り越えてやっと老後を迎えるころには、手厚い保障は見直され、引き続き薄い社会保障で生きていかなければならないということ?

やっと流行に乗れたと思ったのも束の間、またもやズレて損する世代に逆戻りかしら…

にほんブログ村テーマへ

暮らしを楽しむ

暮らしの見直し

主婦のつぶやき&節約&家事etc

 

65歳まで20年を切っている今、自分の身は自分で守るために1日でも早く取り組まないといけないのかもしれません。

 

まあ、ズレ損世代なりに楽しい人生を送っている楽天家なので、これからもなんとかなるさ♪(ホント?汗)