私も、ついこの間まで汚部屋の住人でした。

 

でも、ここまではひどくなかったと思います…

 

妹の家はゴミ屋敷!?

 

5歳下の私の妹は、真面目で堅実、試験前になると全然知らない人まで自分のノートのコピーを持っているような、授業を1番前の席で受けるようなタイプです。

 

ちなみに私は、授業は返事だけして抜け出したり、知らない人のノートのコピーを友だちからもらって試験を乗り切るタイプでした(汗)

 

貯金もしっかりしてるし、私よりずっと早く購入したマイホーム繰り上げ返済も順調にしてるのですが、せっかく手に入れた家がこの状態…

ちなみにこれ、1階の部屋から玄関方向を見てます。奥にちらっと見えるのが玄関ドア、玄関の手前左は2階に続く階段です。

 

リビングダイニングは2階、寝室と子ども部屋は3階なので、1階の部屋は物置きになってたんですが、荷物がどんどんあふれて誰も入れない状態になってました。

 

もう3年くらい、この部屋の窓はシャッターが閉まったまま、窓も開けられないので空気も澱みまくってます。

 

片づけ成功者?の私にSOSが

 

最近、すっきり断捨離片付けに成功した私に、妹からSOSが来ました。1階の部屋をなんとか使えるようにしたい、と。

 

自分ではどこから手をつけたらいいのか分からない、何をすればいいか分からない、というので、文句を言わないことを約束させて片付け姉さん登場!

 

何をすればいいって、とにかく捨てまくるしかありません。

 

大量のゴミ袋を用意し、手あたり次第、片っ端から入れていきます。一応「これ、いる?」と聞きますが、返答を待たずにどんどん袋の中へ。

 

最初のうちは、「それは取っておく~」「それ、探してたやつ~」「それ、まだ使える~」などと抵抗してましたが、客観的に見たらゴミにしか見えません。

 

ゴミ屋敷や汚部屋の住人に共通する考え

 

使うか使わないか分からない、グレーゾーンのものは”とりあえず取っておこう”と残す傾向にあります。

 

賞味期限が切れた飲み物も「沸騰すれば飲めるかも」

シミだらけ、破れたところもある子どもの下着も「雑巾で使えるかも」

 

いやいや、どこからどう見てもゴミだから!

 

サイズが小さくなった子ども服や靴は新品だから「誰かにあげるかも」

引き出物などでもらった食器のセットは「いつか使うかも」

安売りのときに大量に買った靴下や下着類は「腐らないしいつか使うものだから」

 

いやいや、そもそも存在を忘れていたでしょ。存在は知っていても、それらを手にするにはインディージョーンズ並みに冒険して物をかき分けないとたどり着けない状況ですが。

 

いつのものか分からない黄ばんだ新聞の山や空の段ボールを捨てようとしたら、「資源ごみの日に出したらトイレットペーパーがもらえるから捨てないで」

 

だったら、とっとと出せやっ!それともあれか?この辺の資源ごみの日は3年に1回なのか!?

 

すみません。取り乱しました…イライラしながらも、ついこの前まで私も似たような思考だったな、と反省しました(汗)

 

汚部屋歴の長い人ほど、拒否反応は強い

 

とにかくモノを減らさなきゃ片付かない、1つでも多くのものを捨てなきゃいつまでたってもキレイにならない。

 

でも、ものをため込んでる人は捨てるのが苦手です。捨てることに抵抗があります。片付けようとする人に拒否反応を起こします。

 

このひどい状態を変えてあげる、キレイにしてあげる、だから私のすることに文句は言わないと約束して、と最初にちゃんと言っておくのが大事です。

 

汚部屋歴が長ければ長いほど、捨てる人に対して拒絶反応が強く出ます。でもそこを乗り越えてさっぱりした空間を目の前にすると、急に捨てることに抵抗がなくなり、逆に捨てることに気持ちよさすら感じてくれるようになるのです。

 

最初はかなりきつく、「いらない!捨てるっ!」と言いながらゴミ袋をいっぱいにしていきました。

 

駐車場がゴミ袋でいっぱいに…

 

ゴミ袋を満杯にしては玄関の外の駐車場に出しました。駐車場にゴミ袋の山が出来たころ、やっと奥の部屋に入れました。

 

モノをまたいでかき分けて、やっとたどり着いた部屋の中の状態はこんな感じ。

比較的きれいな角を撮影しました。ちなみに棚にたくさんあった飲料関係、とっくに賞味期限が切れてます。2013年なんてのもありました。

 

この期に及んで「まだ飲める」とか抵抗しますが、有無を言わさずキッチンで中身を捨てさせます。

 

100歩譲って3年前の水は、災害時のトイレ用などに使えるとは思います。でもトイレ用の前に飲める水を準備しろって話ですよ。

 

ミルク成分の入っている紅茶やコーヒーなんかは、賞味期限を1年過ぎたものは怖くて飲めないでしょ!

 

かなり強烈な”もったいないお化け”が取りついてるみたいですね…

 

捨てるのが嫌なら、”いつか”じゃなくて”今”やれ!

 

明らかにゴミ、ちょっと考えたら使えないかも、というものは、諦めて捨て始めるのですが、新品の子ども服や食器のセットなどは、誰かにあげる、リサイクルショップで売る、と言ってどうしても捨てることに同意しません。

 

確かに新品のものはゴミには見えません。でも、この家にとっては明らかに不用品!いらないものはゴミも同然!

 

ですが、もったいなく感じる気持ちも分かります。

 

「でしょ?だから取っておく」って違--う!取っておくんじゃなく、今すぐ誰にあげるか決めて仕分けして!リサイクルショップ行きの袋を作って、さっさとそこに詰めて!

 

汚部屋にしたくないなら、”いつか誰かに”とか”今度まとめて”って言葉は禁止!いつかじゃなく、今度じゃなく、今すぐやる!

 

はぁ~、手ごわい…(泣)

にほんブログ村テーマ 汚部屋から脱出したい!へ

汚部屋から脱出したい!

 

とても1日では片付かないので、駐車場を埋め尽くしたゴミを全部捨てるまで小休止。1週間かけて、ゴミの日に全部出したそうです。

 

後日、片づけの続きをやろうと妹の家に再び訪れたら、驚きの光景が…!?

 

2回目の片付けについては、また明日書きます。