たまたま目にした、こんなデータ。ひとり親世帯の貧困率、54.6% (2015年)

 

うちもひとり親世帯。ちょっと気になって

 

「自分が貧乏だって思ったことある?」

 

って子どもに聞いてみました。

 

母子家庭の半分以上が貧困ですって

 

2016年に国税庁が発表した、日本国民の平均年収は420万円

 

わが家の収入は公的手当を入れなかったら半分以下、生活は楽じゃないけど明るく楽しく!と、子どもには出来る限り不自由を感じさせないようにしてきたつもりでした。

 

でも、ひとり親世帯の半分以上が貧困家庭という現実。私は気にしてなくても、子どもは他の子と比べて何か敏感に感じ取ったりしてるのかなと、直接聞いてみました。

うちは貧乏だと思ったことある?

 

答えは…

 

「いや、別に~」

 

そう、よかった(ほっ)笑顔で踏ん張ってきた甲斐があるよ。

 

じゃあ逆に、どんな状態だったら”自分は貧乏だ…”って感じると思う?と聞くと、

 

「お腹がすいても食べ物がなくて、破れた汚い服しかなかったら」

 

ですって。

 

”衣食足りて礼節を知る”という言葉を思い出しました。

 

衣服や食糧など生きるために必要なものが充分にあって初めて、礼儀や節度を期待できる。礼節を求めるなら、まず生活を豊かにさせることが必要、という意味です。

 

大好きだった祖母は生前、

 

「どんなに貧しくても、子どもに白米だけはたくさん食べさせた。お腹がいっぱいだったら、非行に走ったりせずちゃんと育ってくれるものよ」

 

ってよく話してました。

なるほど。そういえば私も、内容は質素でも量はたくさん食べさせてました。洋服も安い物しか買えませんでしたが、洗濯だけはちゃんとして清潔にしてました。それが良かったのかな。

ブログ村テーマ 簡単♪上手に節約術

 

初めて知った子どもの我慢

 

でも、”友だちに遊びに誘われてもあまり行かないようにしてる”とか、”塾に行きたかったけど言えなかった”とか、子どもなりに我慢することは結構あったようです。

 

申し訳ない…

 

「みんな着てるからシュプリームのパーカーが欲しかったんだけど、ずっと言えなかったんだ~」

そうかそうか、パーカーくらい言ってくれればよかったのに。どれどれ、シュプリーム?楽天で検索…

……

………

えっ!!30,000円!?

 

パーカーに30,000円なんて出せるかーい!ユニクロの1,980円で充分じゃっ!

 

「ち、ダメだったか。この流れならいけると思ったのに」

 

って策士か!

にほんブログ村テーマへ

笑顔になれる子育て

日常の小さなできごとを愛する生活

子どもと一緒に楽しく暮らす

 

まあ、朗らかに育ってくれてるようで良かったです(笑)