汚部屋ゴミ屋敷…片付けたいけど、どこから手を付ければいいか分からない場合、まず捨てるべきものがあります。

 

頭を使わず、何も考えず、とにかく捨てる

 

捨てることに慣れるため、片付ける前の準備運動です。

 

考えずに捨てやすいもの

 

まずは紙袋⇒本気で片付けたいなら、まずはここから

 

そして空き箱⇒捨てることに慣れるためにやること

 

それから古い雑誌⇒悩まず捨てられるもの!買い取りしてもらった金額は…

 

考えちゃダメです。悩んじゃダメです。捨てると決めたらとにかく捨てる!

 

さらに捨てグセを付けるために

 

ゴミ袋を持ってキッチンへ行き、使い捨ての割り箸使い捨てスプーンなどを全部捨てます。

 

お客さんが来たら?

 

お客様にコンビニの割り箸やプラスチックスプーンを出す方が失礼だと思いますが…

 

100均に行けば、無地のシンプルな木製箸が売ってます。それをいくつか買えば済むことです。

 

増えて収納場所をごちゃごちゃにすることも、使い捨てというゴミを増やすこともなくなります。エコもどきな気分も味わえます。

 

1回使っただけでゴミにする…こういう場面ではもったいないオバケは出てこないんですよね〜

 

1つも残す必要はありません。何も考えず、思い切って全捨てしてください。

 

なぜか汚部屋やゴミ屋敷にはたくさんあるもの

 

次は玄関に行きます。

 

傘は何本ありますか?汚部屋の住人って、なぜかビニール傘を簡単・気軽に買う傾向にありますよね。

 

私もかつてそうでした。

 

なんでコンビニでビニール傘を買うときは、もったいオバケは暴れないんだろう…

 

傘は1人につき1本、折りたたみ1本で充分です。どうしても不安なら、もう1本予備にビニール傘を用意しておけば、お客様に差し上げることもできます。

 

長い傘は家族の数×2まで、プラス折りたたみ傘を家族の人数分。以上!

 

多い傘は思い切って捨てますよ。いつも使ってるのは決まった1本だけでしょうし。

 

そして、もし持ってないなら折りたたみ傘を買いましょう。毎日持ち歩いたって苦にならないくらい小さくて軽いものがありますから。

 

私は多少重くても、気に入ったものの方が絶対に無くさないと思うので、15年くらいこれを愛用してます。

しばらくこの子が日の目を見ず、雨のたびにビニール傘を買ってた時期もありますが、その頃は汚部屋の住人でした。

 

買わなくて済むものは極力買わない。片付けを始める前に意識も変えないと、汚部屋から卒業するのは難しいんです。

 

今日は簡単な割り箸・使い捨てスプーン類と、ちょっと難しい傘の断捨離。

 

割り箸・スプーンは有無を言わせず全捨て。傘も数が決まっているので、多少悩んだとしても減らせるはずです。

にほんブログ村テーマ ガラクタ捨てれば自分が見える?へ

ガラクタ捨てれば自分が見える?

 

まだまだ序の口、入門編。

 

本当にスッキリきれいな家で暮らしたいと思うなら、捨てることへの抵抗感をなくさないといけないので、ガンガン捨ててください。