ミニマリストって持ち家反対派の人が多い印象です。家なんて大きなものを所有したくないってことですよね。

 

トランク1つだけの荷物で、旅するように暮らしたい…って、若いうちならいいですが、現実問題、無理じゃないですか?

 

一生、旅するように暮らすには…

 

死ぬまで現役で働けて、ずっと収入が見込めるなら問題ないです。

 

でも、70歳くらいで引退するのが現実的。

 

人生100年の時代、引退後の30年間、賃貸料を払い続けないといけません。

 

格安の公団に入れたとしても、5万円くらい×360ヶ月=1,800万円

 

まあ、これくらいは貯金するから大丈夫!って思っても、頻繁に住居を変えるのは70歳以上の人にはかなり厳しいのが現状です。

 

この前、テレビでやってた老人の住宅問題。子どもの家の近くとか、子どもに保証人になってもらうとか、とかく子どもに頼らないと難しいそう。

 

そもそも、子どもの家の近くしか選べないって、旅するように暮らせてません。

 

最終的には介護付きマンションとか?

 

結構おしゃれな介護付きマンションなどもあるから、最終的にはそういう所にお世話になる?

 

でも、高いですよね…月に20万円は下らない。最初に保証金とかも必要だって聞くし。

 

いったい、老後のためにいくら貯めておけばいいんだろう…

 

2,000万円?3,000万円?いや、もっと?!

 

私が持ち家派の理由の1つ

 

毎月家賃を払いながら、あと20年で2,000万円も3,000万円も貯めるなんて私には無理です。

 

なので家を買いました。

 

私にとっては“先取り貯金”と同じです。

 

毎月8万円貯めて、30年後には自分の家と土地が手に入る。

 

30年経たないと自分のものになりませんが、それまでは家賃だと思えばちょうどいい金額です。

 

一戸建てはメンテナンス費用が高いって、ボロボロになっても雨風はしのげます。住む所がなくて苦労することはありません。

 

一生、住む場所は確保できているんですから。

 

もし介護付きマンションとか老人ホームとかに入りたければ、土地を売れば2,000万円くらいは用意できるでしょうし。

 

少ない年金で暮らすには

 

年金はあてにしてはいけないのかもしれませんが、70歳から月に5万円くらいはもらえるとして、慎ましく暮らせば食費と水道光熱費くらいはまかなえます。

 

保険も60歳まで払い込みで保障は一生涯のものに入ってるし、これなら老後資金は趣味や娯楽のために貯めればいい。

 

そう思うと、かなり気が楽になります♪

にほんブログ村テーマ 自分らしく気まま生活!へ

自分らしく気まま生活!

 

いろいろな考え方がありますが、計画性があまりない、なんとかなるさ!的な楽天家の私には、この方法が一番合ってる。

 

…ってことで、私は断然持ち家派。

 

現実的には77歳までローンが続くから、それをせめて70歳までに縮めないといけないんですけどね…(汗)