築40年の実家を建て替えるにあたり、両親の仮住まいとなる部屋を片付け始めました。

 

台風が近づく中、3時間黙々とゴミ袋に不用品を入れ続け…

 

建て替え期間の仮住まいに足を踏み入れた

 

実家を建て替える約6か月の間、70歳を超えた両親が住む場所。⇒建て替え中の仮住まいは賃貸?半年だけ借りることは出来るのかなと心配していたら…

 

さっそく片付けに取りかかろうと、久しぶりに足を踏み入れました。

壊れたマッサージチェアに扇風機、Nationalの掃除機にゴザ?

 

畳はボロボロ、明らかにゴミでしょ?という雑貨や日用品が山積み。

鉛筆削りにクレヨン、電車のおもちゃに絵本もたくさん…

 

仮住まいの正体、実は…

 

子どもが2歳のときに離婚して、実家に戻ってきた私。

 

実家は10坪ちょっとしかない超狭小住宅です。今回3階建てに建て替えますが、今までは2階建てでした。

 

大きなタンスが3つ置いてある6畳の部屋に両親が寝て、4畳半に妹と2人で寝てました。1階の6畳間1部屋にはちゃぶ台とテレビとタンスとお仏壇。

 

2歳の小さな子どもとはいえ、1人増えて戻ってきて生活できる空間はありません。

 

なので離婚のときの財産分与(微々たるものでしたが…)で、両親がやってるお店の2階を最低限住めるようにリフォームしたんです。

 

息子と2人で、2年くらい住んだかな。妹が結婚して家を出たので、その後は実家で生活するようになって、この部屋はそのまま休憩スペースになってました。

 

そこに、実家で使わなくなったり、使えなくなったものを一時的?に置くために持って来て、積もり積もって何があるのかよく分からない状態になってしまったようです(汗)

 

さらに今は甥っ子たちが、残業多めのお母さん(=私の妹)が帰ってくるまで、ここで勉強したり好き勝手遊んだりしてるみたい。

 

片付けるにはとにかく捨てる!!

 

とにかくモノが多すぎる!!

 

片付けたければ、まずは捨てなきゃ始まりません。捨てて捨てて、とにかく物を減らすのが先!

にほんブログ村テーマ 捨てる、手放す、ミニマルに生きよう♪へ

捨てる、手放す、ミニマルに生きよう♪

 

小さなタンスは、引き出しを開けたら底が抜けてました。なのにタオルや手拭いが詰め込まれてます…

 

小型マッサージチェアやMDラジカセは動かない。掃除機と炊飯器は古すぎて使いたくない。

 

作り付けの収納の中には、かび臭い古い布団や毛布が何枚も!捨てるにはまだもったいないかと思って…とか言う母親に、こんなの誰が使うの!と一喝。

 

背板が歪んだカラーボックスが2つと年代物のチェスト、キッチンの隙間収納や高い場所に取り付けた収納はガタガタボロボロ。

 

片付けて捨てようと思っていたのに

 

これら、粗大ごみですよね…

 

6年前、私が実家を出るときにある程度片づけをしたんですが、そのときに捨てようと思ったカラーボックスやタンスなどは、まだ使えるからと捨てさせてくれませんでした。

 

結局ボロボロになってもそのまま、使ってるのかどうか分からない状態で置きっ放しになってます。

 

今度こそ、絶対に捨てますよ!何と言われようと捨てるからっ!!

 

45ℓのゴミ袋が次から次へとなくなっていく

 

とにかく片っ端からゴミ袋に詰め込んでいきました。見るからにオンボロのものは、全部ゴミ!

 

でも、ここでも妹&母親の「汚部屋メーカーズ」が本領発揮!?

 

もったいない使えそう、と片付けにおける禁句を連発し、とりあえず残そうと画策するんです。

 

残すことを考えるなら、私はもう帰る!と怒ったら、しぶしぶゴミ袋へ入れてました。

 

でも、どうしても捨てない!と言い張ったのが1つだけありました。新品の手ぬぐいです。衣装ケース2個分あったんですが、これは絶対に使うから!と聞かないので、ここは私が折れました…

 

3時間しかなかったんですが、あっという間に部屋がゴミ袋の山に。こんなにどこに入ってたの?っていうくらいの量でした。

ゴミの日にこれらを分けて出すのは妹に任せて、1度少しスッキリさせてから粗大ごみの手配をしよう。…と思っていたら、またもや驚きの行動に…⇒実家の片付け、粗大ごみで捨てるほうが楽だと言っても聞かない両親を前にハタと気付いた

 

とりあえず初日は捨てるものを出しただけで、掃除機すらかけられませんでした。

 

まだまだ前途多難です。