連休中も実家片付けへ出かけました。

 

ずっと残していた”大物”を2つも手放して、部屋も気持ちもすっきりです!

 

思い切って手放した大物

 

サイズもかなりの大きいのですが、購入金額も私にとっては”大物”でした。

左のサイドボードと右の食器棚です。

 

長く使うだろうから、せっかくならいいものを…と、2つで40万円近くで購入したもの。結局1年くらいしか使わず、でも捨てられず、ずっと実家に置き去りにしてました。

 

今の私の家に置く場所はありません。新築する実家のキッチンには大容量の収納が作りつけられるので100%使われることはありません。

 

今置いてあるこの場所は、実家建て替え中の両親の仮住まいなので、少しでも広くする必要があります…

 

もう残しておくことはできない!思い切って手放すことにしました。

 

実際に手放してみて

 

”もったいない””いつか誰かが使うかもしれない”なんて思って残してましたが、本当に無駄でした。…というか、やっと無駄だと思えるようになりました。

 

いや、ずっと”いらないな”とは分かっていたんです。”大きな場所を占めて、無駄だな”と薄々は気づいていました。でも、購入金額が高かったものだから、手放すことができなかったんです。

 

でも今回、実家の建て替えという大きなイベントを目前にして、やっと手放すことができました。

 

実際に手放してみると、スペースはもちろん気持ちまでスッキリです。後悔なんて微塵もありません。きっと、全部そんなもんなんです。

 

買った金額が高ければ高いほど、思い入れが大きければ大きいほど、今の自分にはいらない、必要ないと思っていても、どうしても手放せない。

 

でも、いらないんです。だから、手放す。いたってシンプル。

 

”いつか使うかも、いつか必要になるかも”

 

いつかって、いつ?来るかどうかも分からない”いつか”のために、今、心地よくない、快適でない、何かを我慢してイライラするって、変!

 

捨てるとなんか損する気がする…なんて思ってましたが、損はしませんでした。すっきり広くなった空間を見て、気持ちよくって爽快で、むしろ得した気分。

 

ごちゃごちゃでモノが溢れた空間を、すっきりと片付いた空間に変えるには、モノを減らすしか方法はありません。捨てなきゃ快適さは手に入りません。

 

大物を2つ手放すことで、実感を持って理解できました。これで、断捨離にますます拍車がかかるかな?