家のインテリア、どんな風にするか悩みませんでしたか?みんな、どうやって決めたのかな…

 

ネットや雑誌を参考に、自分が好きな雰囲気を絞っていく感じでしょうか。

 

適当なもので間に合わせてチグハグな空間になるのは絶対に嫌だったので、テーマを1つに決めるまですごく悩んだんですが、ある日あっさりと決まってしまいました…

 

インテリアの遍歴、まずは「カントリー風」

 

初めて実家から独立して賃貸に住んだとき、最初に目指したのは「カントリー風」。パイン無垢材の家具に憧れました。

 

そのときの名残がこのライティングビューロー。客間で収納タンスと化してます。

10年前はこれが憧れのイメージだったんですが、今となっては彫ってある模様があまり好きじゃない。私は、もっとシンプルなのが好みのようです。

 

でも、模様さえ彫ってなければパイン材の木目はかなり好きなので、洗面所の隙間ラックは、ちょっとカントリー風になってます。

洗濯機と洗面台の隙間にぴったり入るよう作ってもらいました。現在のテーマとはちょっと違いますが、これはこれで気に入ってます♪

 

次に目指したのは、「北欧風」

 

やっぱり1度は通る道ですよね、「北欧風」

 

でも、北欧風インテリアって雰囲気でなんとなく素敵♪と思ってますが、具体的にどんなものかよく分かっていませんでした。

 

北欧風インテリアを大雑把に説明すると、どうやらこんな感じらしいです。

 

●木材などのナチュラルな素材感を活かした家具

●究極的にシンプルで実用的な工業デザイン

●ポップで色彩センス豊かな可愛らしいデザイン

 

私はこの中で、木の素材感を活かした家具というところが1番響きました。無垢の木材やリネンやコットンなどの自然素材だけでインテリアを完成させたいと思ってました。

 

ダイニングの壁だけアクセントクロスでブルーグリーンにしたので、これで北欧インテリアにまっしぐらかな?と思ったんですが…

大きめの家具を買ったときに、思わぬ方向へ舵を切ってしまったんです…

 

最終的に決まったわが家のインテリアテーマは…

 

わが家のインテリアの方向性を決定したのは、ほぼひとめぼれで買った大きなチェスト。リビングの顔ともいえる大物なんですが、これが北欧風とはだいぶ違いました。

バリ島で作られたチーク無垢材のチェストです。時計には北欧風の名残が…

 

さらに、テレビ台とラックも同じデザインで揃えてしまいました。

観葉植物は”モンステラ”。もう、間違いなく北欧ではないですよね。どちらかというと、南のほうです。(汗)

 

ヤシの木とかウォーターヒヤシンス素材のチェアなどは全然好みではないので、南国リゾート風が好きなわけではないんです。重厚なチークやマホガニーの無垢材が好みなんです。

 

これは、なんていうインテリア?ちょっと和風のアジアン?「ナチュラルアジアン風」でしょうか…

 

当初の予定とはちょっと違ってしまいましたが、とっても居心地のいいリビングになったので良しとしてます。

 

ダイニングは若干北欧風ですし、所々カントリー風もあるし、ズバリこれ!と言い切れるテーマはないのですが、木目を活かしたナチュラル素材のインテリアってところが共通してます。

 

きれいに片付けたら、こだわりのインテリアも見ていただきたいのですが、いかんせん汚くて、片付いてなくて…

 

ここで披露することを目標に、じゃんじゃん捨てて片付けたいと思います!