先週も先々週も、台風が近づく大雨の中、電車に揺られて1時間半、実家片付けに行きました。

 

私主導でガンガン捨てて物を減らしているんですが、ときどきどうしても意見が合わないことがあります。

 

とにかくなんでも残したがる…

 

母親は主に「布もの」「紙もの」を残したがります。

 

100枚は余裕で超える数の年賀などでもらった新品の手拭いや古いタオル、シミだらけの布団カバーやサイズの合わない座布団カバー…

 

いつのものかも分からない変色した壁掛けカレンダーなんて、丸めたままの状態なのに、裏紙で使えるからと残したがります。

 

とりあえず新品でキレイなものはなるべく残す方向で折り合いをつけ、ちょっとでも使ったものはジャンジャン捨てた結果、タンスやらミニチェストやらカラーボックスやら、中身が空になった大物がチラホラ出てきました。

 

よし、粗大ごみで出そう!と思ったら…

 

母親だけじゃなく、父親も!?

 

母親だけかと思ったら、なんと父親まで巨大な”もったいないお化け”を飼ってました…(汗)

 

この前の日曜日に実家へ行ったら、先々週、空になったはずの大物がなくなってました。

 

ちゃんとサイズを測って粗大ごみの依頼をしなきゃ!と思って、本格的なメジャー持参で登場したのに…

 

すると父親がドヤ顔で、

 

「全部バラバラに壊して、燃えるゴミで出したぞ!」

 

え、マジで?

 

すごいだろ、エヘン!とでも言いそうな顔でしたが、いったい何時間かかったの?

 

カラーボックスくらいなら簡単かなとは思っても、電動ドリルなんて持ってないし、ネジを1つずつはずしていたら30分くらいかかっちゃうよね…

 

ましてやそこそこ大きな6段のタンスや、結構ガッチリして重量感があった3段チェストなんて、1つ1時間以上かかるんじゃないの?

 

「でも、粗大ごみ代がかからなかったぞ!」

 

1番大きなタンスだって1,000円くらい、カラーボックスなんて300円とかで持って行ってくれるのに…

 

引退して暇が有り余っているならまだしも、父は70過ぎてもまだ現役で働いています。腰が痛い、腕が痛いって言いながら、貴重な休憩時間をタンスの解体に費やすなんて…

 

少しでもお金を払わないようにするんじゃなくて、時間とお金と天秤にかけて、有意義なお金なら使おうよ!

 

あ、なんだか耳が痛い…!?

 

自分が言った言葉で、自分の耳が痛い!

 

そういえば、少しでもお金になればと、フリマアプリで売ろうと思っている洋服や日用品が山のように積んであります。

 

とっとと捨てれば場所も心もスッキリするのかもしれませんが、買ったときの金額を思うともったいなくて。出たっ!もったいないお化け

 

でも、1,000円で冬物の洋服が売れたとします。

 

手数料が10%引かれ、厚手の服だと500円くらい必要な送料も引いて、手元に残るのは400円です。

 

写真を撮って、サイズを測って説明文を書いて、質問が来たら1つ1つに答えて、売れたら梱包してヤマト運輸の営業所やコンビニまで持って行って発送手続きをして…

 

いったいどれだけの時間を使っているの!?で、400円!?

 

もったいないって、この時間の使い方のほうがもったいないよね。

 

フリマで売るの、や~めたっ!?

 

…と、簡単に全部捨てる勇気もなく(笑)

参加テーマ

服の断捨離・整理収納

断捨離&片づけの工夫

片付けのネタ満載!解決のヒント集

 

最低2,000円以上の値段がつくものだけを、期限を決めて残すことにしました。そして今月中に売れなかったら、布ゴミの日に出すことに決めました!

 

週末は実家の片付けで終わってしまうので自分の家の断捨離が全然進みませんが、平日の隙間時間を使って亀の歩みで片づけていきたいと思います。