ミニマリストは無理ですが、部分的にはミニマリストを目指す「ミニマもどき」宣言をした私。

 

でも、これだけは完全にミニマリストになれてる気がします。

 

肌断食は苦労せずに成功

 

昔から、毎日きちんとお肌のお手入れをすることはなかった私。

 

ある日急にクレンジングに目覚めたり、シートパックに凝ったり、美顔器を欲しくなったり、思い立ったときだけお手入れをしていました。

 

なので、肌断食するぞ!なんて意気込まなくても、普段はすでに肌断食状態だったので難なく成功しました。たまにくる”美容熱”をやり過ごせばいいだけでしたから。

 

化粧品ミニマリストの私の全持ち物

 

一時は引き出しいっぱいの基礎化粧品、化粧品、美容家電を持っていた私。

 

どれもこれもまったく活用されてなかったので、実際に使っていたものだけを残した結果がこちら。

いろいろジプシーした結果、本当のオーガニック化粧品だと思った「hana オーガニック」の化粧水と乳液、無印美白美容液とメンソレータムのリップクリーム。

 

あとはフェイスシェーバー(眉シェーバー)と美顔器。以上!

 

無印の美白美容液は、SK-Ⅱ並の成分だとか口コミがすごく良かったので、前回の無印良品週間のときに買ってみました。でも、まだ1回しか使ってません(汗)

 

化粧水と乳液も、普通は1か月に1本くらいの消費量だそうなんですが、これ1年くらい使ってますがまだなくなりません。

 

洗顔も含めてこの量です

 

お風呂でじっくり汗を出して、シャワーで流すだけで洗顔終了。たまにボディソープで顔も一緒に洗います。

 

化粧は年に1回するかしないかなので、クレンジングも持ってません。

 

月に1回くらい、美顔器でクレンジングするので、毛穴の黒ずみもとくに見当たりません。

 

あ、あとハンドクリームがありました!本当の柚子みたいなおいしそうな香りのものです。使い心地も大事ですが、香り重視派です。

 

肌の状態はというと…

 

こんな適当なお手入れというか、ほとんど手をかけてない状態ですが、肌はすこぶる健康です。しわも少ないほうだと思います。

 

昔から放任主義だったせいで、とても丈夫に育ったようです。

 

肌は過保護にするとすぐに贅沢に慣れてしまうので、際限なく甘やかし続けないといけません。

 

少しでも早く、質素倹約に慣れさせたほうがいいと私は思います。質素な状態にも肌は慣れてくれますから。

 

最初は乾燥がひどく感じたり、肌がつっぱったりするかもしれませんが、自己防衛機能が働いて、肌は自分でなんとか改善しようと頑張ってくれます。

 

肌断食は思い立ったときにすぐ始めるのがオススメです。